BKS_MERIT1_FEATUREIMAGE (1)

MERIT I

あの品種も、この品種も、1台で。

簡単・確実・安全な治具交換で 多品種変量生産を実現します。

プッシュイン&プルアウト機構で高速交換
クレーンを使用した従来の治具交換は、時間や手間がかかるだけではなく、作業に熟練を要しました。ベビーカンガルーシステムは、親子プレート方式とスライド機構によって、安全・簡単に交換。作業の負担を大幅に軽減します。
マシニングセンタのテーブル上に交換用「マザーベース」を装着し、その上に、治具を取り付けた「ベビープレート」をセットして使用。この交換は、自動リフトとともに手動スライドで搬入(プッシュイン)および搬出(プルアウト)がスピーディーに行える画期的な治具クイック交換システムです。

2面拘束クランプで高精度な位置決め
治具交換に時間がかかる原因のひとつに、セットアップの難しさが挙げられます。通常、治具を取り付けて次の加工を開始するまでに、加工精度の検査・確認がかならず必要になります。このセットアップ作業は難易度が高く、熟練した作業員が担当する必要があり、治具交換に時間がかかる大きな原因となっていました。
ベビーカンガルーシステムでは、高精度なセットアップが誰でも簡単に行えるようになります。2面拘束クランプ方式を採用し、繰り返し位置決め精度を3μm以内に保ちながら、同時にベビープレートを強力にクランプします。位置決めとクランプを同時に行うことで、セットアップにかかる時間が大幅に短縮され、速やかに次の加工が開始できるようになります。



共通プラットフォームで柔軟に生産
ベビーカンガルーシステムは、同じタイプのマザーベースとベビープレートであれば、自由な組み合わせで使用できます。品種を追加する場合、マシニングセンタ上のマザーベースはそのままに、新しい品種の治具を取り付けたベビープレートを追加するだけで生産が可能になります。マザーベースは取り外して別のマシニングセンタに固定することもできるため、設備投資を抑えながら「多品種変量」「小ロット」の生産が可能になります。

生産拠点のフレキシブル化
マザーベースを共通にしておけば、国内および世界各地の工場で治具を取り付けたベビープレートを移動することで生産する品種・拠点をフレキシブルに変更することが可能になります。生産拠点を1か所に限定せず、計画変更に柔軟に対応。数量・機種の配分を自由に調整することができます。